なかよしブログ。 : 2014年 12

2014年12月23日(火曜日)

クリスマス会

カテゴリー: - masa @ 09時53分40秒

12月21日クリスマス会が無事に終わりました
いやぁぁ〜〜! 素晴らしい! 感動しました
子供たちも頑張りました

先生たちも毎日夜遅くまで準備をしてきた甲斐もあったでしょう
あの子供たちの歌を聞いたら疲れもとれちゃうね

【0才(前半)クラス】
親と一緒に手遊び
・・・サンタの衣装(手作りだよぉ〜ん)を着ているだけでも可愛いい。

【0才(後半)クラス】
手遊びと鈴を持って「サンタクロースの歌」

【1才クラス】
手遊びと鈴を持って歌「あわてんぼうのサンタクロース」
やっぱ1才になるとできるね 鈴をリズムに合わせて鳴らしてます
練習ではなかったことが・・・
3人の子が泣いてしまいました
父兄の方がたくさん見ていたので驚いてしまったようです

【2才クラス】
手遊び「あたま かた ひざポン」
歌「キラキラ星」「ジングルベル」
このクラス 2人の子が熱でお休み 
いままで練習をしたので出さしてあげたかったねぇー 残念です

【3才クラス】
3才の子供たちは4月から英語を習っているので英語で歌いました
「自己紹介」「ABCの歌」「ファザーフィンガー」
「ウィ ウィッシュ ユァー メリークリスマス」

【3・4・5才クラス】
3才の子は4月から4・5才の子は1年半 英語を習いました
やっぱ大きいクラスはすげーや 英語を習った成果がでたね。
「自己紹介」「クリスマスソングメドレー」

{マザーグースから} 一人ずつ歌いました
花の色について話していたのが いつのまにか優しい色の話に変わり
そこから優しい人の話へと変わっていきます。

The rose is red,  The violet’s blue;
Pinks are sweet,  And so are you!

バラは赤い スミレは青い
ピンクは優しい 君も優しい

{メーメー黒羊}  
Baa baa black sheep,
Have you any wool?
Yes sir, yes sir,
Three bags full.

メーメー黒羊、
羊毛がありますか?
そうです、そうです、
袋が三ついっぱい。

今回 90名の保護者の方がいらっしゃいました
日曜にもかかわらず お忙しいところ ありがとうございました
普段 見れない我が子の一面を見ていただけた かな? っと思っています


2014年12月22日(月曜日)

冬至

カテゴリー: - masa @ 08時02分01秒

今日12月22日は冬至です
冬至は北半球において太陽の角度が1年で最も低くなる日で
日照時間が最も短くなるね

夏至と比べると 東京で約5時間もの差があるそうです
この日を境に 再び太陽の力が甦ってくるかのように
日照時間が長くなっていきますので
古くから冬至は太陽が生まれ変わる日とされていました
しかも 今年は19年に一度の新月と冬至が重なる
「朔旦冬至(さくたんとうじ)」にあたります
月の復活と太陽の復活が重なる日で 大変めでたいとされています
なんだかワクワクしてきませんか?


2014年12月19日(金曜日)

クリスマス会

カテゴリー: - masa @ 07時34分57秒

明後日21日はクリスマス会です
今日は予行練習をします
予行練習といっても今まで各クラスで練習したものを
1回とおしでやるだけですが・・・
あッ それが予行練習か

子供たちの衣装もできたしプレゼントもあるし
かなり良い感じのクリスマス会になると思います

今回 クリスマス会用にビデオカメラを購入しました
まだ説明書を読んでないのでONとOFFとズームしかわかりませんが
なんとかなるでしょう

大師近辺の小学校でもインフルエンザでクラス閉鎖なんて話も聞きます
せっかく練習してきたので当日は熱でお休みなんてことに
ならないことを願っているところです

保護者の皆様 お楽しみにぃぃ〜〜〜!!


2014年12月16日(火曜日)

年賀状

カテゴリー: - masa @ 13時02分54秒

保育園用の年賀はがきを買ってきました
パソコンの普及で年賀状作りも楽になりましたね

毎年 師走が近付くと蒸し返されるのが
子供の写真を使った年賀状の賛否

子供が生まれました・七五三・入学
子供が結婚しました・孫が生まれました なんてタイトルの子どもだけの写真

「ほほえましい」と歓迎する人がいる一方 
「子供ができない人もいるのに」など配慮不足
「あなたの子は知り合いじゃない」とか・・・
子供の写真で怒るようなら その程度の付き合い
などなど色々な意見がありますね

これって決着はつくのかね  

私は子どもだけの写真はぁ〜〜 否定派ですね
家族そろった写真が大好きです

そもそも武家社会で年賀状を送る習慣は無事に年を越し
新年を迎えた喜びを分かち合うための年始のあいさつが起源のようです

こまかいことは置いといて 気持ちよく新年を迎えたいものです


2014年12月15日(月曜日)

熱ち”ぃ〜〜い!

カテゴリー: - masa @ 15時52分20秒

おぉ! 40度だっ!
よぉぉ〜〜し このまま10分の我慢
うわぁぁ〜〜〜熱ち”ぃーー! がんばれ!!

昨夜の私のお風呂です

お風呂をあがり そのままベランダへ
ふたご座流星群を見なくちゃ
ふたご座はどっちの方向だ? わかんねぇーや
雲ひとつなく絶好の流星観察日和?  まわりが明るいか

フタゴ座ってオリオン座の上?の方だっけ?
1時間に40〜60コ見えるらしい
ちゅうことで とりあえずオリオン座あたりを見てました
21時10分お風呂あがりで気持ちがいいや
うぅぅ〜〜〜ん  なかなか見えない
21時15分 まだ見えない
あッ!なんか動いた  ・・・と思ったら飛行機でした
21時20分 だんだん寒くなってきた  あと5分がんばろう
・・・・・ダメだぁー! 1コも見えない
あぁ〜〜あ 諦めよ  選挙速報でも見て寝るかね
 


2014年12月14日(日曜日)

今夜がピーク!

カテゴリー: - masa @ 11時13分46秒

今朝 所用で大船に行って来ました
大師から首都高にのると右手に雪をかぶった富士山がクッキリ
天気は良く空気が澄んでいるので青空にうかぶ白い富士山が素晴らしい
やっぱ富士山の姿は美しいね
ちょうどその頃 テレビでは富士山周辺の異常現象 噴火の特集?をしてました
・金時山(金太郎伝説発祥の山)で地熱のせいか木が立ち枯れている
・富士山のなんとか風穴の氷が解けてる
・噴火した時の火山灰の影響とか言ってたっけ
あの富士山の素晴らしい姿 壊れてほしくないものです

この時期 空気は澄わたり星空がきれいな季節
今夜「ふたご座流星群」の活動がピークを迎えます
 
イルミネーションでキラキラしている地上もいいですが
宇宙の雄大さに思いをはせ流れ星観察もいいですね  
寒いけど・・・・・

 


2014年12月12日(金曜日)

やぁっちまったぁぁーー!!

カテゴリー: - masa @ 15時22分01秒

子供たちが遊びに行く準備をしています 
天気が良いので風車とレジ袋のタコを持って
大師公園に行くようです
一緒に行こうかね  ・・・お茶を飲んでから

お茶は「ファンケル」のまるごと緑茶
お湯に混ぜるタイプの粉茶です
熱いので一口二口飲んで出かけました

公園から戻ると お茶は冷めて粉は下に沈んでいます
一気に飲んじゃうか

ツル ストォーン ビチャァァーー
ひぇぇ〜〜! やっちまったぁーー!!
カップを持つ手が滑った
お茶はパソコンのキーボードの上をまんべんなく濡らし流れていきました
水分+粉 粉が乾いたら何か問題が出てくるか?
キーボードを裏返し水分を拭き取り立てておきました
ポタ ポタ・・まだ中から水がたれてきます
ばらして拭き取るか? ビスを見ると小さい六角レンジで回すタイプ
小さいレンジがないので ばらすのを断念
ドライヤーで乾かしました
今 使えているので壊れてないようです 良かったよかった。

1度あることは・・・・
ツル ヒュューーン ゴツ ゴロンゴロン
先日 注文したビデオカメラが届きました
早速 箱を開け中を確認
座って落ち着いてやればいいものを・・・
手にとり握ってみると  ツル 手を滑らせた
ヒュューーン カメラは床に落ちていく
ウッ! やぁべぇー! ショックを和らげようと
とっさに足をだす  ゴツ  ウッ痛てッ
ゴロンゴロン 床をころがる
これで床に当たるショックは和らいだか?
どぉーにか無事のようでした

同じ日に2回 3回目が無いように気を付けなくちゃ

  


2014年12月10日(水曜日)

さつまいも

カテゴリー: - masa @ 20時02分56秒

今日は芋掘りをしました
12月に芋掘りなんて?という感じですが
1つ1つのお芋が小さく12月まで引っ張って正解だったかも?

やっぱ日常と違ったことをやると子供たち喜ぶね
大はしゃぎです

収穫量はミカン箱半分ほどか

今回はお持ち帰りではなく焼きいもにしておやつで食べようかね

芋掘りの写真は「フォトアルバム」の公園での写真の後
4ページからあります


2014年12月9日(火曜日)

カレンダー

カテゴリー: - masa @ 06時59分07秒

師走だねぇー
来年のカレンダーを頂くようになりました
保育園では数字が大きく予定をたくさん書き込めるものを選んでいます

今年は年末年始が良い具合で8連休になりました
カレンダーを1月からめくります   
どこを見てるかって・・?  とぉーぜん日曜と祝日の配置でしょう!

おぉー! いいじゃん!!
ゴールデンウィークとシルバーウィークが4連休
土曜休みの人は5連休か

子供たちが家族でゆっくり過ごせるからね
けっして私の休みが多くて喜んでいるわけではありませんよぉーー


2014年12月8日(月曜日)

さつまいも掘り

カテゴリー: - masa @ 09時08分19秒

苗を植えて5ヶ月になってしまいました
葉っぱはまだ緑なのでだいしょうぶか?

先月中に掘りたかったのですが・・・

土が乾きぎみなら子供たちの洋服も汚れないと思い天気の様子をみてましたが 
英語教室・タンス教室・習字教室・リトミックあり 
なかなか時間が合わず伸びてしまいました

今週は月・火・水曜晴れ 木曜曇り 金曜雨という予報で
11日木曜に決めてましたが 
今予報を確認すると ひぃぇぇぇ〜〜雨の日がずれてる
11日が雨の予報 10日は英語教室があり
ちゅうことで 明日やっちゃおうか

大きいおいもがゴロゴロ出てくればいいけどね


2014年12月5日(金曜日)

クリスマス会

カテゴリー: - masa @ 13時57分23秒

園内は もうクリスマスモードです

21日のクリスマス会にむけて練習中で
鈴の音やクリスマスの歌  英語バージョンまで聞こえてきます
先生も衣装や装飾品作りで忙しそう

「これ もったいねぇーなぁー」 「この一瞬 戻ってこねぇーし」

ちゅうことで 自宅を捜すと 「おぉー 有ったあった」
いやぁ〜〜でけぇーなぁー  昔のビデオカメラだからでけぇーや
最後に使ったのはぁぁ〜〜〜 息子の小学校卒業式か

動くのか? 記録メディアはHI8  これじゃ動いてもダメか?

2〜3万で買えるようなので買っちゃうかね?

 


2014年12月3日(水曜日)

{疲れない生き方の処方箋}

カテゴリー: - masa @ 07時16分40秒

「自分を許す心理学」三笠書房 加藤諦三著

この中からチョット気になったところを・・・

*「嫌い」は自然の感情である

依存心の強い親の意のままにならなければ生きていけない時、
子供はその親を好きになることがあろうか。
親といるときは、その子にとってストレスでしかないだろう。
それにもかかわらず、子供は親に頼らなければ生きていけない。
子供は親に気に入られようと迎合し、親に隷属する。

子供にとって一番いいのは、親を好きになること。
二番目にいいのは、嫌いであるとき嫌いであると思えること。
最悪は、嫌いであるにもかかわらず、
親を恐れて好きであると思わなければならないことである。
親子未分化の家族の恐ろしさはここにある。
依存心の強い親は家庭一点張りの息づまるような愛を強調する。
それは親自身が愛に飢えているのである。
したがって、そのような神経症的愛を強調する裏に、
家庭を自分の意のままにしょうという支配の意図を隠している。
その意図については、親本人も目をそむけている。
そのような家庭で子供は、心の底の底では親が嫌いである。
しかし親が嫌いであるという感情は、意志の力で無意識の領域に追いやられている。
兄弟も嫌いである。しかし兄弟姉妹仲良くというのが依存心の強い親の命令であるから、
その感情も抑圧される。
嫌いという感情がどんなに抑圧されていても、
嫌いという感情がある限り、同一化はうまくいかないのではないだろうか。
私はこのように、嫌いという感情を抑圧して意識のレベルだけでなされる同一化を、
偽同一化と呼んでいる。
いずれにしても嫌いである以上、同一化はうまくいかず、
結果として自我の形成もうまくいかない。
ちょっとしたことですぐ混乱してしまう。
電車がちょっと遅れたとか、相手が約束どおりにこなかったとか、
何でもないことですぐにカーッとしたり、イライラしてしまう。
いずれにしろ自我の未形成な人は、今からでも自分の好きな人とつきあうように
することであろう。
おそらくそれまではつきあう【べき】人とつきあっていたのではなかろうか。
あるいはつきあおうと得する人とつきあっていたのではなかろうか。
そして、それらの人を好きにならなければいけないと思っていたのではなかろうか。
自我のもろい人は、まず無意識の領域においても好きである人とつきあうことである。
そのようなつきあいを大切にすることである。

*なぜ「自分を不幸にする人」にしがみついてしまうのか

尊徳ばかりで生きてきた人、自己中心的利己主義者・・・・そうした人で孤独になった人は、
不思議にニセ者にひかれていく。
他人や自分をごまかして生きてきた人、不誠実な生き方をしてきた人・・・・そういう人は、
真実の愛よりも、偽りの愛にひかれていってしまう。
そういう人は、自分を救うのに必要としている人うを避け、
自分を不幸にする人にしがみついていく。
本当に人間というものは不思議にできている。
他人と心がふれあったことのない人は、ふれあうことが怖い。
小さい頃、劣等感のない情緒的に成熟した親に育てられた人は、
人とのふれあいに慣れている。
何よりも小さい頃、親との心のふれあいがあった。
ところが、親に防衛的姿勢が強くあり、こころのふれあいはない親は
決して自分の落ち度を認めなかった、絶えず他人のあら探しをしていた、
欲求不満のかたまりだったなどという場合は、子供はその親と心のふれあいをもてない。
そのようにして育った人は、心のふれあいが怖い。
人と心がふれあうようになるためには、まず【べき=should】から解放されることである。
【べき】でなくてもよいのだ、と思うことである。
そして【べき】でなくてもよいと思って行動しているうちに、心がふれあうようになる。
心のふれあえない人は、ふれあいを求めている。
求めながらふれあえない。そして疑似ふれあい体験を誇張する。
他人と心がふれあえないということが基本的に人を不安にする。

ながながと すみませんねぇ〜〜
何かの参考にでもなれば・・・と思います。


2014年12月1日(月曜日)

12月

カテゴリー: - masa @ 18時49分55秒

久々のブログ更新になってしまいました
パソコンの調子がわるくてね

さぁ〜〜てと
今年も残すところ一か月 早いねぇ〜〜
いったいどうなってんだと言わんばかりに
スピードが増しているように感じます
今年もやり残した事がいっぱいだッ!

年をとればとるほど早くなる・・???
2才ー2分の1年・5才は5分の1年・50才は50分の1年・・・早いはずだ???

今月は
永田町のイベント?「衆議院選」
お年寄りのイベント?「天皇誕生日」
恋人達のイベント?「クリスマス」が残ってますね。

「メリークリスマス」と言ったら
すぐに「あけまして・・・」か。


39 queries. 0.062 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

園の概要
園のご案内
保育料
リンク
なかよしブログ
月別過去ログ
カレンダー
2014年 12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
保護者様入り口